宮城県気仙沼市出身!岩槻真央です!!

今日は2017年6月3日に開催された
「MY TOWN CONCERT WITH YOU in 気仙沼」のレポートを綴りたいと思います〜。

私の地元・気仙沼は「海」の街です^^

海鮮モノが大好きな方には是非一度はお越しいただきたいのですが、
さんま、フカヒレ、アワビ、ウニ、いくら…どの季節に遊びにきても
その季節の旬な魚介類が食べられますヨ!

みなさんも小学校の時、社会の授業で一度は習ったことがあると思いますが、
気仙沼の海は「リアス式海岸」といって、湾や入り江がギザギザに入り組んだ形をしているのが特徴です。
この地形だからこそ、波が静かで、漁業がしやすいんですね〜。

今回はそんな気仙沼を代表する美術館「リアス・アーク美術館」にある
レストラン「夢の舎」さんにてイベントを開催しました。

 

気仙沼の街並みが望める絶景の会場で、いよいよイベントスタート♪

トップバッターは宮城県加美郡出身の熊谷有さん。
なんと!ライブは今回が初めてとのことでしたが、
初めてとは思えないほど貫禄たっぷりに歌われていました^^
夏にぴったりな楽曲、さわやかでとっても素敵でした♪

続いては、東京都下町出身の虎んすペアレンシー 脇村健太郎さん!

ご自身が作詞/作曲された「かんな」「ふるさとは東京」など、
東京下町がテーマの楽曲を披露され、下町の素晴らしさを伝えてくださいました♪

ラストは私。

地元にいた頃よりも、上京してから10年経った今の方が、
気仙沼からインスピレーションを受けて、楽曲作りをする機会が増えたなと感じています。

やはりそのきっかけとなったのは、2011.3.11の東日本大震災です。

「ふるさと」があるということ、
「ふるさと」で過ごした時間、「ふるさと」で一緒に時間を過ごした人たち、
そのどれもがかけがえの無い存在だということに、地元を離れて初めて気づかされました。

今回、イベントを開催する機会をいただけたこと、
また、そこに携わってくださったみなさまに、心から感謝致します。

地元紙・三陸新報社さんにライブの様子を記事にしていただきました。

気仙沼の海をテーマに作った楽曲「海」は、iTunes storeでも配信中です♪

https://itunes.apple.com/jp/album/%E6%B5%B7-single/id1214492844

これからも、「from 宮城県気仙沼市」を大切に、楽曲作りをしていきたいと思います。

最後まで記事をお読みいただきありがとうございました〜!