MY TOWN CONCERT WITH YOU MY TOWN CONCERT WITH YOU
Canon〜カノン〜
15才、最後の夜に”ふるさと”で誓う『ココから秦野で夢見ようか』
ライブレポート
2018.09.08

神奈川県秦野市生まれ、秦野市育ちの現役高校生シンガーCanon~カノン~』の桃さんが自身の誕生日前日である201892日に昭和レトロな複合施設ハダノ浪漫食堂」にて初のワンマンライブを行いました。


▲ライブ前からたくさんのお客さんが駆けつけてくれていました…!

Canon~カノン~』のプロデューサーでもある望月翔太氏が率いる音楽プロダクション「望月プロデュース」所属の「舟津真翔」さんがオープニングアクトとして登場し、オリジナル曲とメドレーを披露してくれました。

そして、会場も和やかなムードになったところで桃さんが登場!

2018年春から各音楽配信サイトからリリースしている『ホイッスル~始まりの笛~』をはじめ、桜並木道の全長が”全国2位”を誇る「はだの桜みち」を題材にした楽曲『春がくれた栞』、桃さんが加入前からも人気のあるナンバー『Smile again』と続く。
そして、本ライブ初披露の彼女が音楽活動をスタートした”理由”が詰まった『約束のうた』を歌いあげる。

アンコールでは今回のイベントのテーマにもなっている『ココから秦野』を歌い、”ふるさと”秦野で応援してくれているファンや家族・友人への感謝の想いを飾らない言葉で伝え、大きな拍手を浴びながらステージを後にした。
ライブ後は誕生日のサプライズで花束やケーキなどが贈られ、

「15歳最後の夜は一生忘れられない最高の思い出となりました」と語る桃さん。

活動を重ねていく度に成長していく「Canon〜カノン〜」桃さんのステージ…!彼女の活動はまさしく、ここから秦野で始まったばかり。


▲終演後にオープニングアクトを務めてくれた望月プロデュース所属「舟津真翔」さんと

>>関連記事を見てみる

この記事をシェアする

この記事を書いた人

坂本 篤(さかもとあつし)
ふるさと愛を音楽でつなぐ「MY TOWN CONCERT WITH YOU」代表・編集長 / 趣味は銭湯と旅