MY TOWN CONCERT WITH YOU MY TOWN CONCERT WITH YOU
カイキンショウ。
片道550kmを駆け抜けた「二人の夏」
アーティスト情報
2019.07.22

突然ですが、550.000と聞くと、何の数字だと思われるでしょうか?

 

この数字は、大阪から東京までのおおよその距離なのですが、

 

7月上旬、大阪府高槻市出身の男女ユニット「カイキンショウ。」は、この距離を、自分たちのプロモーションのため、自家用車で駆けぬけました。

 

▲交代で運転をしてきました

 

 

7月6日(土)

まず、向かったのは富士山のふもとにある、山梨県富士河口湖町

河口湖のほとりで開催された「ハーブフェスティバル」に出演するためです。

 

 

彼女たちにとって、初めての土地、初めての野外ライブでしたが、ラベンダー畑と富士山の前という、絶好のロケーションで演奏することができました。

 

 

近くに住んでいる方が「きれいな演奏が聴こえてきて、家から出てきた」と顔を出していただき、ご当地ポストカードをプレゼントしてくれました。

こういったお声がけをいただけるのは、活動していてとても励みになります。

 

▲曇りだったので、
残念ながら富士山は隠れてしまいました……。

 

翌日は、東京・中目黒でレコーディングを控えていたため、山梨県の名物「ほうとう」を食べてから、すぐに東京へ向かいます。

 

▲富士山にかかる白い雲がモチーフ
「ほうとう不動」前で

 

友人宅に泊めていただき、すぐに就寝……。

 

 

7月7日(日)

10時から、中目黒にある「大一大万大吉 スタジオ」にて、夏にぴったりな新曲「二人の夏」をレコーディングをしました。

自分たちで工夫をして、打楽器やコーラスパートも入れたことで、自分たちのウリである「ライブ感」を表現することができました。

 

無事にレコーディングを終え、ふたりにとっては開運飯である「野方ホープ」をいただき、大阪へ。

 

▲開運飯「野方ホープ」

 

レコーディングしたばかりのラフ音源を聴きながら、歌いながら、帰ります。

 

休む間もない2日間でしたが、充実したプロモーション活動ができました。

今回、収録した「二人の夏」は、ミュージックビデオも撮影し、展開していく予定です。こちらも楽しみにお待ちください。

 

 

7月13日(土)

専門学校ESPエンタテインメント大阪校の学生による「おいでよ!お空のおんがくかい」に出演させていただきました。

 


▲左の大きなビルがコスモタワー

 

会場はコスモタワー展望台にある52階のステージ。まさに、お空に近い、音楽ライブでした。

普段のライブでは出会えないような、ファミリーや、学生の皆さんの前で演奏することができました。

 

 

ふたりの活動が素晴らしいのは、頭で考えるよりも、まずは「行動」していること。

今回のライブも、路上ライブで出会ったお客さまとのご縁で、お声がけをいただきました。

 

踏み出していれば、きっかけは必ず、見つかるはずですね。

引き続き、応援よろしくおねがいします。

 

この記事をシェアする

この記事を書いた人

ふるさと愛を音楽でつなぐ「MY TOWN CONCERT WITH YOU」代表・編集長 / 趣味は銭湯と旅