MY TOWN CONCERT WITH YOU MY TOWN CONCERT WITH YOU
富士之あん
人工ボーカロイド 富士之あんの説明書
ライブレポート
2018.09.27

富士山の麓、山梨県富士河口湖町で、生まれ育ったひとりの少女が、あたらしい「挑戦」をしました。

 

それは、人工ボーカロイド「富士之あん」による単独コンサートです。

 

舞台にしたのは、河口湖のほとりにある河口湖円形ホール。

 

心待ちにしていた人が、地元の人はもちろんのこと、県外からも集まり、クラシックな雰囲気のある会場で、満員で終えることができました。

 

開演ベルが鳴ると共に、期待は高まり、MCは最後の挨拶のときだけで、拍手をするのも戸惑うような、静まり返った空間……。

まるで映画を見ているような、ただひたすらに音楽と映像がシンクロしたステージに、各々が見入っていました。

 

ライブの合間では、世界でも活躍しているデジタルパフォーマンス系テクノユニット「ベスパ☆くまメロ」さん、ダンサー「帰山なつみ」さんを迎え、

より楽曲の世界観を引き立たし、人の内面にある無防備な部分に、容赦なく、言葉を突き刺していく……。

 

また、この日は、活動の集大成ともいえる自身初となるアルバムの発売日でもあり、ライブ本編も、2014年の活動開始から現在に至るまで、楽曲と共に、振り返っていく内容でした。

 


▲1stアルバム「2014-2018」
全8曲入り

 


コンプレックスから生まれる、最大の武器。


 

富士之あんは1993年9月3日に生まれ、東京にある音楽の専門学校に通うため、富士河口湖町を飛び出しました。

 

しかし、精力的に活躍しようと息巻いている仲間のように、器用に自分を売り出す事ができず、

さらに、自分のキンキンとした声にコンプレックスを感じ、いつの間にか夢から遠ざかっていく日々が続きます……。

 

そんな中、彼女の音楽人生を変える「出会い」がありました。

 

それは、友人からの後押しもあり、あるコンテストライブに出演した時のこと。

 

初ライブだったので、緊張のあまり声が震え、楽しむ余裕もないライブでしたが、

終わった後に、見てくれていた方から

 

「あなたの声はボーカロイドのようで印象的だし、面白いよ。」

 

と声をかけていただきました。

 

嫌いだった自分の声を「印象的」「面白い」と言ってくれる人がいる……。

 

もう一度、ちゃんと歌手活動がしたいと思うようになり、この時から、人工ボーカロイド 富士之あんの活動がスタートすることになります。

 


▲この頃、お世話になっていた塾の先生のご厚意で「YBS山梨放送」に出演させていただく。

 


世界に広がる、人工ボーカロイド


 

富士之あんという名前が、世界中に広がるきっかけがありました。

 

それは、2枚目のシングルに収録されている「Robot」という楽曲が、株式会社ハップが提供している、スマホ音ゲーアプリ「うしろ!うしろ!」に起用されたからです。

 

このゲームアプリが、世界中で累計250万ダウンロードされたこともあり、

リリースのタイミングで公開したミュージック・ビデオには、世界中の方から、この楽曲と出会えた喜びのコメントが寄せられました。

 

現在では、再生回数が100,000回を越え、「英語」「韓国語」など、多数の言語でも聞けるようになっています。

 

▲ハップ社に提供していただいたオリジナルキャラクターが動く、新感覚ミュージックビデオ

 


山梨で生まれた「あんちゃんスクリーン」


 

2枚目のシングルを発売したあたりから、地元・山梨県でも活動ができる機会をいただくようになります。

 

ここでも活動の転機となる、大きな出来事がおこります。

 

それは、山梨県甲府市にあるライブハウス「湯村FeelRock Cafe」との出会いです。

 

 

この頃から、ミュージック・ビデオを投影させながら、ライブが出来る場所を探していました。

 

いろんなライブハウスに相談していたところ、こちらの湯村FeelRock Cafeでは快く引き受けてくださり、

通称、あんちゃんスクリーンと呼ばれる、網戸で作った自家製のスクリーンを用意していただきました。

 

▲網戸で作った、自家製のスクリーン

 

これにより、彼女の魅力の一つでもある歌詞を全面的に押しだし、楽曲の世界に引きずり込むための、映像を融合したステージを研究していくことになります。

 


戻りたい場所なんてココにしかない


 

今回の単独コンサートを終えて、ツイッターではたくさんの感動の声が上がっていました。

 

地元でも熱心に応援してくれる方がいること。

地元でも活動できる機会を与えてくれる方がいること。

何より「帰れる場所」があること。

 

改めて、身近にあった大切なことに気付かされました。

 

ライブの最後では、エンドロールのように届けられた新曲「こわね」の中で、ふるさとである富士河口湖町の映像をバックに「戻りたい場所なんて、ここしかないさ」と歌い切ります。

 

山梨県富士河口湖町が生んだ人工ボーカロイド 富士之あん。

まだまだ、挑戦は続いていきます。

 

 

●セットリスト

1.蛍
2.Robot
3.透明人間の自画像
4.生者の更新
5.シュラフと僕と白昼夢
6.1993番線(with ベスパ☆くまメロ)
7.現実RPG(with 帰山なつみ)
8.カウントダウン
9.最期まで僕は独りになれないらしい
10.こわね

 

この記事をシェアする

この記事を書いた人

ふるさと愛を音楽でつなぐ「MY TOWN CONCERT WITH YOU」代表・編集長 / 趣味は銭湯と旅